家庭用インドアプール > 設計手法・構造

1-22-13-2

 

 

家庭用インドアプールの設計手法は、アネックスタイプ・エクステンションタイプ・インナータイプの3種類です。

敷地や建物の条件によりさまざまな手法で家庭用インドアプールを作ることができます。

Print

敷地内に独立して建てるので

デザイン・構造・形状は自由

離れタイプ

建物に接して増築する手法

サンルーム・コンサバトリ

ーなどとの併設も可能

地下.地上.屋上どこにでも

設置可能なインナータイプ

新築時からの計画がお勧め

 

 

 

Print

家庭用インドアプールは、地域・規模・構造により「建築確認申請」の

手続きが必要です。詳しくはお問い合わせください。

1-22-13-2

 

 

                        NEXT ↑ ↑ ↑