インドアプール > 設計手法・構造

 設計手法構造   

■TOPページへ

設計手法は、3種類

設計手法

”離れ”

 

敷地内に独立して建てるので、デザイン・構造・大きさは自由自在。スペースに余裕がある方にお勧めです。

”増築”

 

サンルームのように、建物に接しているタイプ。プールのあるアウトドアリビングとしてのご利用も可能です。

”組込”

 

地下、地上、屋上など建物内のどこにでも設置可能なタイプ。新築時からの計画がお勧めです。

アネックスタイプ

 

たとえば敷地に余裕がある場合、土地100坪、建物46坪に離れのあるガラスアルミ45タイプの提案です。

annex_plan
エクステンションタイプ

 

土地60坪の土地には、建物33坪+増築エクステンションタイプの提案です。

extention_plan
インナータイプ
(屋上ペントハウス)
 

 

敷地40坪、建物40坪(プール部除く)

屋上にインナータイププールと

屋上ガーデンを設置した提案です。

innner_plan_ph
インナータイプ
(1階パティオタイプ)
 

 

敷地45坪、建物30坪(プール部除く)

1階中庭部分にインナータイプを

設置した提案です。

各部屋からプールを眺めることができます。

inner_plan_patio

インドアプールは、さまざまな構造バリエーションをご用意しています。

構造

木造インドアプール

インドアプール施設系

ガラスアルミインドアプール

インドアドームプール

 

 

 設計手法構造   

■TOPページへ