インドアプール > 温水化システム

 設計手法構造_0   

■TOPページへ

温水システムは、「ヒートポンプ方式」と「熱交換方式」の2種類

インドアプール_温水システム

ヒートポンプ

 熱交換機

Print

プールカンパニー東京ベイ展示場の6m×3mの屋外プールでのヒートポンプ・ランニングコストは10月でおよそ25,000円/月(実績値)

デジョユ社熱交換器は、コンパクト設計。機械室はスペースを最小限にすることができます。詳しくはお問い合わせください。

メリット

ランニングコストが安価。

機械設置が省スペースで済む。

 デメリット

夏場の前後2カ月程度の期間のみ、補助的に温水化。

メリット

一年中温水化して泳ぐことができる。

 ・

デメリット

ヒートポンプ式よりもコストが高い。

 設計手法構造_0   

■TOPページへ