防災用水

bousai

bousai

災害時の備えとして一般的に水の備蓄量は一人「3リットル×3日分=9リットル」と言われていますが、これはあくまで人間が生存するための飲料水として必要な水量です。

しかし実際には飲料用の他に炊事や風呂、トイレなどにはかなりの水量が必要となります。

たとえお風呂の水を利用したとしても、湯船200リットルの水でトイレ約20回分。4人家族では2〜3日で底をついてしまいます。

pool houseの標準プールの水量はなんと約15,000リットル。これは200リットルのお風呂75杯分に相当します。

さらに常に濾過され衛生面を保たれた状態にあるため、緊急時には専用の浄水機器があれば飲料用にも利用可能です。

※飲料への使用は浄水機器の機能の範囲において自己判断となります。

 

 

pool_taishin_title

通常のプールは躯体に防水処理を施すため躯体と防水部分は一体化された構造で地震により漏水が生じやすくなっています。プールハウスのプールは躯体に強化シートを取り付け、水圧によって圧着する構造。つまりプールの水は大きな袋の中に入っている状態です。

このため地震により万一躯体にクラックなどが生じた場合でも水漏れを防ぐことが可能です。

pool_taishin_illust