プール仕様

 

 

5m×2.5mスタンダード

「2000万円台のプール付住宅」と同仕様のプール

「2000万円台のプール付住宅」と同仕様のプール・スタンダード40タイプ

スタンダード30・35タイプは、4.25m×2.25m、ラダーとなります。

 

プール本体。レクタングル、GRI181、R176ステップ、強化PVCシート

 

 

 

「2,000万円台のプールハウス」のプールは、世界No.1の実績を誇る、フランスのデジョユ社製プール。日本国内の正規代理店である当社だからこそ可能な、確かなルートで安心価格での部材提供をお約束致します。もちろんメーカー保証も万全です。

 

 

 

Tateyama

 

 

a-2Hakone

 

a-3Yokohama

 

a-4Shizuoka

 

パイプフリーのろ過機は、長年にわたって開発・改良を重ねた世界特許の自信作。プール内の水を直接循環ろ過する方式で機械室が不要なことから、余分な水、電気代を抑えことができます。従来型プールに多かった“配管接続部に生じる亀裂”もありません。

国際特許のフィルタレーションモデル。パイプフリーのろ過機は、長年にわたって開発・改良を重ねた世界特許の自信作。プール内の水を直接循環ろ過する方式で機械室が不要なことから、余分な水、電気代を抑えことができます。従来型プールに多かった“配管接続部に生じる亀裂”もありません。

 

 

プール内側を覆う手触りの良い強化PVCシートは、5年保証。また、月々のメンテナンス費用はろ過機の電気代と水代、薬剤代を含めて約6,000円〜8,000円程度(5m×2.5mプール標準の場合)。プールハウスの屋根面約32㎡に太陽光パネル(オプション)を採用すれば、プールにかかる電気代約4,000円を0円にすることも可能です!

強化PVCシート

 

 

 

 

 

右の写真は、オプションのポンプを設置してエンドレスプールを楽しんでいる様子。限られたスペースで存分にスイミングが可能です。さらにヒートポンプを利用すれば、夏の水温を保ち、長い期間にわたりプールに入って楽しむことが可能。

また未使用時には専用カバーなどのオプションを設置することでゴミの侵入や転落事故などを防止します。

 

 

 

 

プールの魅力をお伝えする個別無料説明会を行っています。

プールハウス 相談会