土間の革新

 

三和土(たたき)で仕上げられた土間は、炊事など昔から日本人の日常には欠かせない“生活の為の空間”でした。最近の住宅では、なかなか見受けられなくなりましたが、「1,980万円でつくるプールのある家」ではこの土間を“楽しむ為の空間”として現代風に甦らせ、内と外をつなぐ懐かしくも新しい感覚の中空間として提案しています。

天井は、3m超の十分な高さを確保し、ギャラリー用のスポットライト等を装備するなど、多目的に利用できる機能的で楽しい空間に仕上がりました。

DOMA。その使い勝手の良さには、誰もが想像を超える驚きと喜びを感じることでしょう。