建物仕様

 

 

 

プールの魅力をお伝えする個別無料説明会を行っています。

平屋のプールハウス 相談会

 

 

 スタンダード 35・40プラン はこちら

耐震性 耐震性能は、住宅性能表示耐震等級1を標準として採用しています。また偏心率は0.15以内で重心と剛心のバランスのとれた平面計画を実現しています。(一般的に偏心率が0.15以下であればバランスの良い建物と評価できます。)
構 造(基礎) 基礎は、強固な『ベタ基礎』を採用。家の荷重を鉄筋コンクリートの底盤全体で受け止め面で支え、さらに地面から上がってくる湿気を防ぎます。また基礎幅は150mmと耐久性や強度にすぐれた設計。基礎パッキンにはロング基礎パッキンの採用で、床下を均一にムラなく換気します。
構 造(床) 地震や台風時に発生する水平力に対して強く、躯体にかかる重力を面に分散させることでゆがみの少ない高耐久な「剛床工法」を採用。床鳴りも抑えることができます。
構 造(柱) 柱には、従来木材と比較して、狂いや、変形(伸縮)が易にくく、造作後にヒビやスキマ、床鳴りが生じにくい集成柱の躯体を採用。またシロアリ対策として、地盤面から1m以内の構造体の木部に防蟻処理を行っています。
断 熱 断熱性能は、住宅性能表示制度の省エネルギー対策等級2を標準として採用。住宅金融支援機構フラット35住宅基準を満たしています。フラット35Sへの対応も可能です。(オプション)
外部仕上 屋根には地震の際にも住まいの躯体にかかる負担を軽減する平形屋根スレート仕様。外壁材も同様に地震の際に建物にかかる負担を軽減できる窯業系サイディング仕様
その他 将来普及する電気自動車の充電用コンセントを標準装備。

 

プールの魅力をお伝えする個別無料説明会を行っています。

平屋のプールハウス 相談会

 

[/vc_column_text]