プールハウスラボ~第1回目

プールハウスラボラトリー ~第1回目~

 

水中照明とライナー(プールシート)の色関係

 

こちらのライナー(プール仕上げの表面)は、

サンドバリといって、南国の白砂浜をイメージした薄い肌色っぽい、白い砂岩のようなイメージ色です。

現物のシートはこちら

砂浜のイメージで、砂岩の石貼りっぽい目地ですね。

 

光の三原色で、赤は水の分子を吸収するので、プールの底に光が届く時には

水色となっています。またサンドバリ色は、黄色(黄土色)ですので

青系と黄色系が混ざり合い、緑色のエメラルドグリーンの美しい水面が誕生します。

東京ベイショールーム(プールハウスラボ)の美しいサンドバリのプール。

 

 

応用編

暗くなると太陽光がありませんが、その代わりに幻想的な輝きを放つ水中照明(LED)となります。

 

夜の光

 

こちらは、カラーLEDの色が水色系の場合です。

軽やかな美しい水面となっています。

 

 

こちらは、カラーLEDの色が白色系の場合です。

太陽光と同じように、エネラルドグリーンです。

 

 

こちらは、衝撃的な印象をもつ

青の洞窟?イメージです。バイオレット?

 

水は、昼夜を問わず様々な表情を映してくれます。

 

 

 

こちら右側は、マーブル調のライナーに映し出されたもの。

左側は、定番!ブルーモザイク(タイル模様)のライナーです。

 

水と色の関係 プールハウスの効果の一部を紹介しました。

 

第2回は、「反射」をテーマとしたプールハウスラボをお送りする予定です。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

プールハウスについてのご質問は、お気軽に問い合わせフォームよりお願いいたします。

 

関連記事

PAGE TOP